メニュー
コンピュータウイルスとは
サービス内容
サービス詳細
ご利用料金について
仕様・制限事項
利用規約
お申し込み
よくある質問(Q&A)
ハイネット
トップページへ戻る


サービス内容

お客さまがご利用されているメール送受信に対し、メールサーバでウイルス検出および駆除/送信ブロックを行うサービスです。

ハイネットの「メールウイルスチェックサービス」で送受信するメールは、シマンテック社の「Norton AntiVirus」が自動的にチェックします。 そのため、ウイルス感染原因の90%以上と報告されているメール経由でのウィルス感染を、意識することなく予防できます。 また、ウィルスチェックのための「ウィルス定義ファイル」はサーバ側で自動更新されるため、常に最新のウィルスにも対応できます。
情報処理振興事業協会(IPA)「コンピュータウイルスの届出状況」

※ 本サービスでは、ハイネットが、KDDI株式会社 ・株式会社シマンテック 共同インターネットセキュリティサービスと提携して、会員の皆様により安全なインターネット利用環境を提供いたします。

 
1. KDDI社が管理するサーバの最新ウィルス定義ファイル(通常1日2回の自動更新)によるウィルスチェックを行います。 そのため、お客様側での定義ファイルを更新する必要はありません。
 
2. サーバ側でチェックを行うため、環境やメールソフトに関係なく、送受信するメールをウィルスチェックできます。 また、複数の環境でご利用の場合において、環境に応じた必要台数分のウィルスチェックソフトを用意する必要がありません。
 
3. 受信のみでなく送信メールもウィルスチェックの対象とするため、他へのウィルス被害の拡大防止にも役立ちます。(オリジナル・ドメインパック契約者は、受信メールのみ)
 
4. 本サービスではウィルスチェック機能を付加した専用メールアドレスをご利用いただくことになります。
 
5. ウィルスチェック専用メールアドレスで送受信されるメールおよび添付ファイルをウィルスチェックの対象とします。(パスワードロックや暗号化されている添付ファイルはウイルスチェックの対象とはなりません。)
 
6. ウィルスチェック専用のSMTP(送信)サーバおよびPOP(受信)サーバを設定します。
 
7. 1メールアドレスにつき、月額300円(税抜き)/年額3,600円(税抜き)でご利用いただけます。 なお、本サービスは基本契約が年額払いの方は、ウイルスチェックサービスも年額払いとなります。
メールウイルスチェックサービスの良いところは?
煩わしいウイルス対策ソフトの管理が不要
  新しいウィルスに対応するためには、常に最新の定義ファイルを用いたウィルスチェックが必要です。定義ファイルを最新の状態に保つには、ウィルスチェックソフトメーカーのホームページなどからダウンロードし、時間をかけてアップデートをする必要がありますが、本サービスでは、KDDIサーバ側で定義ファイルが自動更新されるため、常に最新のシステムで新種のウィルスに対応したチェックが受けられます。

どんなメールソフトでも使えます。
  サーバ側でチェックを行うため、メールを受信するクライアントを選びません。

安心してご利用いただけます
  メールBOXに入る前にウィルス駆除を行うので、より安心してメールを受信できます。



Copyright 2000- Hi-net Inc. All rights reserved.